【衝撃】上原美優の遺書の意味。そしてあの島田紳助が関与していた証拠が発覚!(画像)

自殺の原因もわかっておらず、未だに謎が多い上原美優さんを覚えていますか?

遺書のようなメモが残されていましたが、解読不能でした。

しかし、最近になり解読でき意味がわかったという噂が・・・

上原美優プロフィール

上原美優

本名:藤崎睦美
生年月日:1987年5月2日
出身地:鹿児島県
血液型:A型
身長:152センチ
職業:グラビア・タレント
事務所:プラチナムプロダクション
活動期間:2006年〜

10人兄弟の末っ子の上原美優は、幼少期かなり貧しい生活だったようです。

家の中でも傘をさすような家、幼稚園にも通えなかったという過去も…。

高校は中退し、その後「ディレクシブレーシングガール」でレースクイーンとしてデビュー。

2007年から種子島出身の貧乏アイドルとして知名度を上げグラビアもこなし、たちまち大人気に!

2009年には自叙伝も発売し、テレビへの出演も増え、ブログも行えばファンが多くついていました。

上原美優が自殺するまでの流れ

そんな彼女ですが「貧乏アイドル」として貧しい家庭でのエピソードを明るく話し、プラチナムプロダクションの看板タレントの一角までに成長しました。

芸能界デビューまでの道のりだけでなく、その後も死亡が確認されるまで波乱万丈の人生を送っていたのです。

2007年のクリスマス(当時20歳)に恋人に振られた寂しさから、睡眠薬を服用し自殺を図ったこともありました。

この時は一命を取り止めています。

その後、2010年3月29日に心筋梗塞で上原美優の母親が他界してしまいました。

この頃から精神的に不安定になったとみられます。

本人は仕事で最期を看取れなかったものの、家族全員で揃って葬儀を終えたが彼女のショックは大きく以後精神的に不安定な様子が見られたといいます。

そして・・・

別れは突然やってきたのです。

2011年5月11日の午後11時頃、東京都目黒区のマンション自室で交際中の一般男性と過ごしていたが、「2時間ほど一人にしてほしい」と男性を外出させたといいます。

その後、外出先の男性の携帯電話に死をほのめかすメールが着信し折り返し電話をかけても彼女が出なかったため男性が上原宅に向かったところ、自室のドアにスカーフとベルトで首を吊っており5月12日午前3時37分に病院で死亡が確認されたのです。

交際のあった真鍋かおりや小森純、浜田ブリトニーなど多くの芸能人が彼女の死を悼みました。

↓↓本当の原因を知っていますか?その事実が明らかに・・↓↓