【第2章】 幼女「こんにちは!引きこもり対策センターです!」男「…は?」→男に待っている衝撃の結末とは!?

2018年9月23日

 
 
21時

幼女「あれ、そういえばまだお風呂入ってなかったんですか?」ガチャ

男「あーまあ…今日はもういいかなって。汗かいてねえし」

幼女「だめですよ、ちゃんと毎日お風呂に入ることで一般の人は清潔を保っています。同じことしてください!ホラ!」ぐいぐい

男「っせえ!わかったよひっぱんじゃねえ!」しずしず

シャアアアアアアァ…

男「…くぁあ、ねむ…」ワシャワシャ

男(規則正しい生活ってのはすぐに身につくんだなあ)

男(……つーか、俺)

シャアアアアアアァ…

男「……未だにマジであいつに手を出せてないって、どうなんだろう」ギュイ

男(あいつがあんなに自信満々に言うから流れで手ェ出してねえけど、もし一線越えたらどーなんだろ)ワシャワシャ

男(つーかなんであんな自信ありげだったんだ?男を全く理解してないのか?)ワシャワシャ

 

男(つーかあいつ、なんでもかんでも自信ありげだよなよく考えりゃ。自分を偉いとでも思ってん………いやいやいや)

男(こういうこと考えてるからいつまでもクズなんだよ……たっく)

男(……『いつまでも』?)

ダンダンダン!!

男「シャケ!??」ビクッ

幼女「おーとーこーさん!いつまで入ってんですか就寝時間ちかいですよ!!」

男「ビビらせんなっつってんだろ!!今上がるわボケ!!」カタン

男「あーーもーー…」

 
↓↓次のページへ続く↓↓