【もうやっていけないわ…】テレビでは放送できない山口メンバーの裏側、真相が公開された!!【画像あり】

2018年10月13日

山口 達也は
日本のバンドマン・ベーシスト・俳優・タレント・司会者・キャスターであり、
1989年頃からジャニーズ事務所に所属するタレントとしてテレビに出演し始め、
2018年5月まで同事務所のアイドルバンド・TOKIOのメンバーとして在籍していた。

埼玉県草加市出身。

生年月日: 1972年1月10日 (年齢 46歳)
生まれ: 埼玉県 草加市
身長: 167 cm
血液型O型。 
配偶者: 山口 悠子 (2008年 – 2016年)
兄弟姉妹: 山口 公次


  • 1993年、出演したドラマ『同窓会』で斉藤由貴演じる主人公の女性を相手に「売り専」をして男性とのホテル代を稼ぐバイセクシュアルの少年という役柄をこなす。
  • 1994年9月21日、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也のグループ加入を経て、現在の「TOKIO」として「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。
  • 1997年、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』では100kmのチャリティーマラソンに挑戦し、完走した。
  • 2008年3月8日、午前10時に5歳年下の元モデルと婚姻届届出。同日夜の日本武道館ライブでファンに報告した。TOKIOの中で最初の既婚者であった。
  • 2008年5月6日、午後5時18分、第1子となる男児が誕生。
  • 2010年9月17日、第2子(男児)誕生。
  • 2016年8月5日、離婚をしたことが明らかになった。
  • TOKIO山口達也さんの「強制わいせつ事件」ですが、ネット上では被害者の女子高生の身元特定班が現れるなど、カオスな状況です。

    山口達也さんの被害者女性はNHK「Rの法則」に出演していた女子高生とのことですが、書類送検事件の経緯、そしてハニートラップ説の実態や相手の女子学生との示談金の金額などの情報を総まとめしてみました!

    事件の第一報が入ったのは2018年4月25日夕方

    日本中の話題を独占することとなったTOKIO・山口達也さんの「強制わいせつ事件」の第一報が入ったのは、
    2018年4月25日夕方のこととなりました。
     

    自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が、強制わいせつ容疑で人気グループ「TOKIO」の山口達也メンバー(46)を書類送検していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。 

    捜査関係者によると、今年2月、東京都港区のマンションにある自宅の部屋で、女子高校生にキスするなど、わいせつな行為をした疑いが持たれている。先週、書類送検されたという。

    被害者の女性は女子高生…接点はRの法則

    山口さんがキスなどを迫った女子高校生ですが、
    もちろん一般人の少女というわけではなく、山口さんがMCを勤める教養バラエティ番組「Rの法則」に出演していたタレントだったそうですね。

    また現場にはキスを迫られた女子高生の他に、もう1人の女子高生がいたと言われています。

    山口達也メンバーは、自宅で16歳の女子高生に酒をすすめ、無理やりキスをしていたという。また、その際、17歳の別の少女もいたということだ。

    さらに、Rの法則スタッフの勧めで、山口達也さんと女子高生は連絡先を交換したといわれています。

    この点について、Aさんは警察でこう証言しているという。

    「『Rの法則』のスタッフに言われて、山口さんと連絡先を交換した。山口さんに興味はなかったけど、LINE交換をすることになった」

    つまり未成年の出演者を保護すべき立場にある番組スタッフ自らが、連絡先交換禁止のルールを破ったというのである。そしてLINE交換から約2カ月後、今回の事件が起こったのである。

    謝罪記者会見では無期限活動停止を発表した山口達也

    事件の発覚を受けて、山口達也さんは2018年4月26日に謝罪記者会見を開いております。

    女子高校生への強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されたアイドルグループ「TOKIO」の山口達也メンバー(46)が26日、東京都内のホテルで記者会見し、「(被害者にとって)一生忘れられない出来事だったのかと考えると、本当に申し訳ない」と涙ながらに謝罪した。所属するジャニーズ事務所は、無期限謹慎にすると発表した。

    事件が起こった2018年2月12日は、アルコールが原因で悪化していた肝臓の治療のための入院生活が明けたばかりだったという山口さん。

    番組で共演していた女子高校生を自宅に招いた際には、久々に自由の身となった開放感から焼酎を1升(1.8リットル)ほど空けており、泥酔状態だったそうですね。

    山口メンバーの説明によると、彼は1月15日ごろ、酒が原因で身体を壊して入院。その後1カ月ほど、入院しながら仕事場へ向かう生活を続けていた。2月12日に退院したが、その日に飲酒し、女子高生への強制わいせつ事件を起こした。

    もちろん、泥酔状態だったことが強制わいせつの言い訳にはなりませんが、
    素面の状況だったならば起こらなかった可能性もある事件だけに、
    多くの関係者にとっては悔やまれてならない山口さんの判断ミスとなりました。

    ※最後のページ全てが明らかになります。
    ↓↓女性はトイレに駆け込み母親に連絡【画像あり】↓↓