【反響】「かわいそう」って決めつけないで…顔のあざは個性。インスタで初公開!女子大生の決意とは(画像あり)

生まれつき顔にあざがある大学生・彩さん

出典: 彩さんのインスタグラムより

  • ・SNSとリアルな自分が離れる違和感
  • ・見知らぬ人の同情
  • ・正直、コンプレックス。でも……

 顔の変形やあざ、まひ……特徴的な外見のため好奇の目にさらされ、学校や就職、結婚で差別を受ける「見た目問題」。生まれつき、顔の右側にあざのある大学4年生の彩さん(21)が、インスタグラムで自らの顔を公開し、大きな反響を呼んでいます。なぜ公開したのでしょうか。彩さんに話を聞きました。

 

顔の右側、薄紫色のあざ

 都内の駅の改札口で、彩さんを待ちました。
やってきたのは、笑顔がすてきな、どこにでもいる大学生。
違うのは、顔の右側に薄い紫色のあざがあることです。

生まれつき「単純性血管腫」があり、毛細血管が拡張しているから、
紫色に見えるといいます。

中学1年生の冬まで、年3回ほどレーザー治療を受けてきました。
あざに痛みはなく、見た目以外の症状はありません。

インスタグラムで自らの顔を公開している彩さん

インスタグラムで自らの顔を公開している彩さん

インスタ3年、初めて公開

 彩さんは今年4月4日、3年ほど前に始めたインスタグラムへの約1000枚目の写真で、
初めて顔を公開しました。

「“世の中、色んな人がいるんだなあ”と知ってもらいたい。
皆知っていれば、見た目によって友達ができない、働けない、とか様々な“見た目問題”が少しは解消されるはず」とメッセージを添えました。

投稿には、1900件を超える「いいね」が付きました。

(4月4日に公開したインスタグラムの写真)

↓↓SNSとリアルな自分が離れる違和感【画像あり】↓↓